COMUGICOオンラインショップ。バザーやグッズ販売、子どもが使えるアイテムを提供しているサイトです。

Gmailで外部メールを送受信する方法|安心してください。送受信の設定はこれで大丈夫。

この投稿ではGmailで外部メールを送受信する設定方法を記載しています。

予備知識

SMTPとは

SMTPは「Simple Mail Transfer Protocol」の略で「エスエムティーピー」と読みます。インターネットで電子メールを送信するための通信プロトコルです。

SMTPは、インターネットメールシステムの基本的な ※プロトコル であり、SMTP サーバーとは、特にSMTPを使用して送信メールを送信するメールサーバーのコンポーネントを指します。
SMTPサーバーは、電子メールの送信を管理するためのサーバーです。主にメールの送信と転送を担当します。

SMTP簡潔にいうとSMTPは電子メールを送信するためのプロトコルであり、SMTPサーバーはこのプロトコルを実装し、実際にメールの送信と転送を行うサーバーです。

プロトコルとは、コンピュータやネットワーク機器が通信する際に従う一連の規則や手順のことです。プロトコルは、データの形式、送信方法、エラー処理、データの受信確認など、通信のあらゆる側面を定義しています。これにより、異なるシステムやデバイス間でデータが正確かつ効率的に共有することができます。

POPとは

POPは「Post Office Protocol」の略で「ポップ」と読みます。電子メールをサーバーからクライアントにダウンロードして管理するためのプロトコルです。POPには現在、主にPOP3(POPのバージョン3)が使用されています。

POPの利点

  1. オフラインアクセス:メールはユーザーのデバイスにダウンロードされるため、インターネット接続がなくてもメールを読むことができます。
  2. サーバーの負荷軽減:メールがサーバーから削除されるため、サーバーのストレージスペースが節約され、サーバーの負荷が軽減されます。

SMTPとの関係
POP3は主にメールの受信に使用され、SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)はメールの送信に使用されます。これら二つのプロトコルは連携して機能し、ユーザーが電子メールを送受信できるようにします。

  • メール送信: ユーザーがメールを送信する際にSMTPが使用されます。
  • メール受信: ユーザーがメールを受信する際にPOP3が使用されます。

IMAPとは

IMAPは「Internet Message Access Protocol」の略で「アイマップ」と読みます。IMAPは、メールサーバー上のメールを直接操作できるようにし、複数のデバイス間でのメールの同期を容易にします。現在、主にIMAP4(IMAPのバージョン4)が使用されています。

IMAPの利点

  1. マルチデバイス同期:複数のデバイス間でメールボックスの内容を同期できるため、どのデバイスからでも最新のメールにアクセスできます。
  2. サーバー上のメール保存:メールはサーバー上に保存されるため、デバイスの紛失や故障時にもメールが失われる心配がありません。
  3. 柔軟なメール管理:フォルダやラベルを使用してメールを整理する機能があり、メールの管理が容易です。

POP3との違い
POP3はメールをダウンロードし、通常はサーバーから削除しますが、IMAPはメールをサーバー上に保存し、複数のデバイスで同期します。
よってPOP3は主に1台のデバイスでメールを管理する場合に適しているのに対し、IMAPは複数のデバイスでメールを管理する場合に適しています。

Gmailで外部メールを送受信する方法

Gmailの設定を開く

まずは、Gmailを開き設定アイコンをクリックします。下に表示されるクリック設定の下にある「すべての設定を表示」をクリックします。

アカウントとインポートの設定を開く

設定メニューの「アカウントとインポート」をクリックし、「他のメールアドレスを追加」をクリックします。

受信設定(POP3)

1.設定したい外部メールアドレスを入力し「次へ」ボタンをクリックします。

2.「他のアカウントからメールを読み込む(POP3)」を選択し「次へ」ボタンをクリックします。

3.赤枠の※入力項目を入力し、赤枠のチェックをONにして「次へ」ボタンをクリックします。

4.「はい」を選択し「次へ」ボタンをクリックします。

※入力項目は契約しているメールサーバの「メールソフト設定」を参照してください。(私はXserverを契約)赤枠部分を入力します。

送信設定(SMTP)

1.送信するときの名前を入力します。エイリアスの設定は必要なしです、

2.赤枠の※入力項目を入力し、TLSを選択後「アカウント追加」ボタンをクリックします。

3.確認リンクを記載したメールを確認し確認ボタンを押下します。

※入力項目は契約しているメールサーバの「メールソフト設定」を参照してください。(私はXserverを契約)赤枠部分を入力します。

以上です。何度か聞かれることがあったので投稿でのこしてみました。
その他の署名やデフォルト設定など、使いやすいように設定してください。